2016年6月18日土曜日

介護日記・・脱水症・・気迫・生命力・

三日前からク~が食事をやっても口を開けず食べようとしなくなりました。
牛乳だけは飲んでくれましたがトイレの量も多くなってきたと感じてました。
昨日直ぐにいつもの獣医さんに連れて行きました。
検査して脱水症になっているとの診断で栄養剤の点滴と
スポイトで栄養剤の水分を飲ませてました。
やり方を教えてもらい自宅に戻り3時間程ごとに
栄養剤の水分を補給してやりました。
昨晩はぐっすり眠って今朝も4時に栄養剤と水分を補給してやりました。
トイレの量が加齢により大量にだすので水分の絶対量が足りなくなるとの事です。
人間の年寄と同じですね。母親も晩年好きなお茶を余り飲まなくなったことを思い出します。
食事と水分を口元に入れると口元を動かして吸引力が出て飲んでくれました。
暫く寝かせていると前足をバタバタさせて立たしてくれと・元気・気迫の様子なので
連れ出して
朝の5時澄み切った青空涼しい風が吹いていて気持ちよいのか少し四足歩行して
歩いてました。トイレ小大もパンツにしてくれました。
今年の寒暖の差は老犬ク~にとって体調維持にきつかったのでしょう。
介護不足を反省した出来事でした。
この小さな身体にまだ気力・先導犬の使命がみなぎっているのでしょう。
流石先導犬として山々を登って来た子です。
それに生命力のある子です。
三歳の時診察で同じ獣医さんに子宮筋腫が偶然見つかり
あと二か月の命と言われて大手術して全摘して入院して
一週間で退院して今に至ってます。
今回の診察はその息子さんの獣医さんです。
粉薬子供に飲ませる要領で
痛み止めの錠剤はオブラ-ト買ってきたのでそれに筒んで
口をあかせて舌において飲み込ませてます。
じっと黙って開けてくれます。食事もそのやり方もやってます。

自分もク~に見習って持病そして辛い時・苦しい時こそ黙って人生前向きにです。
ク~の車椅子は問い合わせしたら25日にできるようです。
ク~を車椅子で引いて感じたことがあります。
側溝の段差は車椅子の方は、人の助けがないと上がれないですね。
それに目の不自由な方達もつまずいて転びますね。
道路整備の行政の方は十分に配慮してほしいです。
(獣医さんに歩かせも良いのかと尋ねたら歩かせて大丈夫との診断でした。
そのうち自分で食べるようになるとも言われました。)


静かになされるがまま・・柴犬の特徴・飼い主に忠実

video





お昼ご飯に鶏肉をやったら自分の口を開いて食べてくれました。
ほっとしました。脱水症治りつつあります。
・・危なかった・・
早めに診察してもらって良かったです。













6 件のコメント:

SONE さんのコメント...

早めに受診して点滴してもらって良かったですね。
脱水症状は人間でも点滴しないと危険な状態になってしまいます。
スポイトでの給餌は手間がかかって大変でしょうが、頑張ってください。
歩く元気はあるので、水分補給が充分できていればまた餌を食べてくれると思いますよ。

ク~ さんのコメント...

SONEさん
昨日はご心配電話頂いて
有難うございます。
一日おかしいと思って様子見ましたが
心配になり獣医さんに連れて行って
良かったです。まさか脱水症とは思いませんでした。
牛乳は毎日沢山飲んでいたのですが・・
それ以上に出す量が多かったのですね。
点滴してもらい助かりました。
スポイトでは時間がかかりますが
ゆっくり様子見てあげています。
今朝は食事、水分補給後に少し歩かせました。
気分転換になったようです。
戻って来て水分補給してやったらまた眠りに
つきました。
本当にこれからの暑い季節に水分補給が
大事ですね。
熱中症と同じですね。
有難うございます・・頑張ります。

kanko さんのコメント...

もう何とコメントしていいやら・・・クーちゃんガンバレ、クーさんガンバレとしか言いようがありません。すでにがんばっているお二人にこれ以上は酷かもしれないと思いつつ、やっぱり私は握り拳を振るだけです。もうすぐ若葉ちゃんのお誕生日ですね。お孫さんに為にも御身ご自愛ください。

ク~ さんのコメント...

kanko さん
今日は
いつもご心配有難うございます。
まさかの出来事でした。
歳をとると獣医さん曰く何が起こるか分かりませんね。と
昨日から水分・栄養剤を三時間ごと補給してました。
今朝も朝早くからです。
大分元気になって、お昼ご飯に鶏肉を手に置いて差し出したら
自分で食べてくれました。
ほっとしました。
今年は寒暖の差が激しいので
水分が必要でした。

若葉の誕生日は今日です。
元気しているようです。(^^♪

koyo さんのコメント...

スポイトでの給餌。
前のロッキーを思い出してしまいました。
エサも、同じかも。高カロリーの。
クーさんの機転がク~ちゃんの命を救いましたね。
危機一髪だったような気がしますね。
又、歩けるようになるまで復活、凄い事です。
クーさんの気持ちが痛いほど伝わって来ます。
朝読んで、すぐにコメント書けませんでした。痛々しい・・・・

ク~ さんのコメント...

Koyoさん
お早うござます。
どんよりとした曇り空の蒸し暑い朝です。
前のロッキ-ちゃんもそうだったんですね。
あの時の様子覚えています。
介護大変でしたね。

早めに気づいて獣医さんに連れて行って良かったです。
丁度痛み止めも切れそうだったのも幸いでした。
又歩くことができて良かったです。
夜中吠えずに
今朝はまだ熟睡してます。
昨日は満月が輝いてました。
散歩に行ってきます。